Menu
先輩社員からのメッセージ
先輩社員からのメッセージ

アイコン 先輩社員からのメッセージ 先輩社員からのメッセージ

K.I

2004年中途

設計部 開発サービス課

【入社後の印象】

技術志向はもちろん、非常に顧客志向の高い技術者が多いと感じました。顧客メーカへの貢献はもちろん、エンドユーザへ価値を提供しようという気持ちで日々アイデアを出し合っています。

【仕事内容】

本社受託部門のET(Embedded Technology:組込み技術)チームのリーダーとして、ソフトウェア/ハードウェアの受託開発業務に携わっています。ETチームでは、自分が設計した回路や、開発したソフトウェアで、モノの動きを制御する楽しさが感じられる仕事です。
ソフトウェアとハードウェアの複合技術、また機構や基板設計といった他分野の技術者たちと協力して仕事を進める楽しさや、難しさを感じながら、日々の業務にあたっています。
私は、KYOSOテクノロジにETチームがまだ無かった時に、このチームが生まれた初期から関わっているメンバーの一人ですので、色々な問題にぶつかりながらも、チームが少しずつ成長していると信じて、それをやりがいに感じています。

【常駐開発について~常駐開発と受託開発を経験して~】

常駐先は大手メーカばかりですので、大規模な開発案件に携わることができる面白さがありますね。企画から仕様の決定、設計、試作、生産指導と製品開発の一連のプロセスに技術者として立ち会うことができ、大きく成長できたと感じています。お客様から信頼していただけたため、エンドユーザからのインタビュー調査や中国への生産指導など、技術者として視野を広げることができる経験を積むことができました。

【受託開発について~常駐開発と受託開発を経験して~】

良くも悪くも自分達の責任で仕事が進んでいきます。自分達の実力が製品開発の品質にそのまま反映されるので、うまくいけば誇らしい反面、問題をなかなか解決できないときは焦りがつのりますね。そんなときでも、KYOSOテクノロジには様々な強みをもつ技術者が集まっているので、自分にない視点からアドバイスを受けられるのはありがたいですね。

【モノづくりの魅力】

最初は「ああしたい」「こうしたい」というカタチの無いアイデアだけの状態から、「それを実現するにはどうしたらいいのか」「今あるものが何か使えるのか」「それとも新しく作り出せば出来るのか」など、様々な事を検討したり、仲間と議論したりして、徐々に目標が見えてくる。見えてきた目標に対して、様々なアプローチの中から最も良いと考えられる方法を見つけ出して進めていく。時には迷ったり悩んだりといった試行錯誤の中からカタチにしていく。そんなプロセスを経てモノが出来上がったときの達成感が魅力です。
そして、何より、自分たちでカタチにしたモノがお客さんの満足、笑顔につながった時の充実感は、『一度経験すると忘れられない経験になる』と思います。
もっと多くのお客さんの満足や笑顔に出会えるようにETチームを成長させるのが、現在の私の夢になっています。

【技術者としてのこだわり】

『お客様に最高のサービスを提供する』ことにこだわっています。企画段階からモノづくりに携わっていくので、お客様と打ち合わせしていく中で、技術的に一見不可能に感じる要望が出てくることもあります。そんな時でも、すぐに技術面の困難さを指摘するのでは無く、お客様の想いを受け止めた上で、ハード面とソフト面の両面から可能性を模索し、お客様の想いや考えを実現する方法を提案するようにしています。

【後輩へのメッセージ】

いつでも自分の可能性を広げるチャンスに貪欲であってほしいと思います。
ETチームでは、ソフトウェア/ハードウェア技術の複合をキーワードに、目標に対してバランスの良い設計が出来るチームであるべきと考えています。その為には、色々なことを知っている事が大きな財産になります。時には自分の業務分野には直接関係の無さそうな事でも、とても役立つ知識であったりします。色々な事にチャレンジして、設計現場に新たな目線を持ち込める人を求めています。
ETチームは一人一人の力を存分に発揮できるチームです。幅広い知識が求められますが、仲間と一緒に仕事に携わることでどんどん吸収して習得していき、一緒に成長していけるはずです。

トップへ