会社案内
会社案内

アイコン 社長あいさつ 社長あいさつ

「経営は人なり」の理念に基づいた技術サービスの実現に向けて

経営は人なり」の理念に基づいた技術サービスの実現に向けて

 皆々様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 当社は1973年に創立した株式会社京装コンピューターのCAD関連サービスを行う部門として、1986年に”CAD事業推進部”として発足したのが始まりです。
 その後、2003年の事業分社を経て、事業部時代から数えて30年近く、様々な挑戦を行いながら機械、電気電子回路、プリント基板、ソフトウェアと、ものづくりの上流工程である設計開発領域において必要な要素技術を広くカバーし、当社の主要なお客様である関西を中心とした様々な製造業様に設計技術サービスをご提供して参りました。
 このように長きにわたり事業の成長を図ってこられましたのは、偏にお客様をはじめとする関係各位の一方ならぬお力添えがあってのことと、改めて御礼を申し上げます。

 さて、当社ビジネスの主戦場である製造業を取り巻く環境がグローバル規模で大きく変化していることは、誰の目にも疑う余地が無い事実でございます。
このような環境下においては、必ずしもこれまでの延長線上に今後の成長発展が約束される訳ではありません。
 当社が設計開発を生業とする技術サービス業として継続的な成長発展を図るにあたっては、これらの変化をチャンスと捉え、あくまで”攻めの経営”というスタンスで、お客様と共に変化し続けることが重要であろうと考えております。
わたくしは当社の社長として、その変化の先頭に立ち次の3つの施策を実行して参ります。

1.KYOSOグループの経営理念に基づき、“人”を通じて最高の技術サービスを提供する。
2.当社が選ばれる理由となる”強み”を最大化させ、社員全員で共有し提供する。
3.お客様や市場のニーズに迅速に対応するため、社外との積極的なアライアンスを図る。

 技術トレンドや価値というものは時代や様々な経済情勢によって変化していくものですが、それらを求めるのも提供するのも”人”であることだけは変わりません。
 当社は今後のお客様ニーズや市場の変化に柔軟に対応しつつも、「経営は人なり」という普遍的な理念に基づき、人の知恵や繋がりを基本とした技術サービスにより、3つの施策を通じてお客様と共に事業の発展成長、ひいては世の中の発展成長に尽力して参る所存でございます。

是非、変化し続ける私共のサービスにご期待頂きたく、今後ともご指導のほど何卒宜しくお願いいたします。
代表取締役社長 岡田 恭子

アイコン 経営理念 経営理念

「KYOSOグループは何のためにあるのか」

「KYOSOグループは何を目的としているのか」

「KYOSOグループは存在意義は何か」

経営理念とはKYOSOグループとして何を目指していくのか、
長期的・普遍的な価値観や存在理由を端的にあらわしたものです。

KYOSOグループは、

「何のためにあるのか」

「何を目的としているのか」

「存在意義は何か」

経営理念とはKYOSOグループとして何を 目指していくのか、長期的・普遍的な価値 観や存在理由を端的にあらわしたものです。

経営は人なり

ビジネスパーソン
お客様に最高のサービスを創造

お客様の信頼の源泉は人財にあります。
信頼に応え得る「人財創り」を通じて
お客様に貢献します。

社員力は偉大な経営力

お客様に貢献する志を持った社員を
大切にし、創造的精神を持ち、
未来を切り拓く人財を創ります。

自己実現が出来る企業

仕事を通じ幸せと生きがいを実現し、
社員とその家族が誇りに出来る企業にします。

地域社会に貢献する人財

社会の一員としての自覚を持ち、
地域にも愛される人財を創ります。

アイコン 行動指針 行動指針

経営理念を具現化する為には、経営者から社員一人ひとりまで、共通の価値基準を持って行動する事が大切です。
KYOSOグループとして、普遍の価値基準を自らに問いかけ実践していく為に、行動指針として定めました。
行動指針イメージ